採用情報

その他のコンテンツ

部門紹介

HOME

部門紹介

泌尿器科

泌尿器科

特色

泌尿器科癌(副腎腫瘍、腎臓癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、尿道癌、前立腺癌、精巣腫瘍、陰茎癌)、排尿障害・尿失禁(前立腺肥大症、神経因性膀胱、過活動膀胱)、尿路・泌尿器感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、精巣上体炎、性感染症)、腎機能障害(慢性腎不全、急性腎不全、敗血症に伴う腎機能障害)、性機能障害(ED)、尿路結石(尿管結石、膀胱結石)の治療を行っています。
 前立腺生検、尿潜血の精査など、泌尿器科疾患の早期発見にも努めています。
 血液透析をはじめとする各種血液浄化法、腹膜透析(CAPD)、腎臓移植にも力を入れています。急性腎不全、外傷、薬物中毒などの救急医療に対応しています。
 H25年度から腹腔鏡手術を開始し、腎臓癌、腎盂尿管癌、副腎腫瘍、前立腺癌に対して積極的に治療を行っています。
 進行がんに対して、院内の緩和ケアチームと協力して、苦痛を除去し在宅治療も視野にいれた緩和医療にも対応しています。

スタッフ紹介

職 名 氏 名

(ふりがな)

専門分野 認定・専門医
副院長 町田 昌巳

まちだ まさみ

一般泌尿器疾患
泌尿器がん
腎移植、透析
CAPD
日本泌尿器学会(専門医・指導医)
日本透析医学会(専門医・指導医)
医師臨床研修制度(指導医)
主任医長 塩野 昭彦

しおの あきひこ

一般泌尿器疾患
泌尿器がん
透析、男性不妊
尿路感染症、緩和ケア
日本専門医機構認定泌尿器科専門医
日本泌尿器学会(専門医・指導医)
日本透析医学会(専門医・指導医)
臨床研修管理委員長
医師臨床研修制度(指導医)
医長 田中 俊之

たなか としゆき

一般泌尿器疾患
泌尿器がん化学療法
透析
腎移植
緩和ケア
日本泌尿器学会(専門医・指導医)
日本透析医学会(専門医・指導医)
日本移植学会(認定医)
日本臨床腎移植学会(認定医)
がん治療(認定医)
医師臨床研修制度(指導医)
泌尿器腹腔鏡技術認定医
医長 大山 裕亮

おおやま ゆうすけ

一般泌尿器疾患
泌尿器がん化学療法
透析
緩和ケア
日本泌尿器学会(専門医・指導医)
日本透析医学会(専門医)
がん治療(認定医)
医師臨床研修制度(指導医)
医員 佐々木 隆文

ささき たかふみ

一般泌尿器疾患
泌尿器科がん
透析、緩和ケア

診療実績(症例数等)

平成26・27・28・29年度 泌尿器科手術件数

手術・検査名 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度
鏡視下副腎摘出術0013
鏡視下腎摘出術4131118
腎摘手術(開腹)5450
鏡視下腎部分切除術0216
腎部分切除術(開腹)0000
経皮的腎瘻6567
生体腎移植術1000
腎生検10684
腎盂形成術1210
鏡視下腎尿管摘出術5324
腎尿管摘出術(開腹)3311
経尿道的腎盂尿管砕石102034
尿管膀胱新吻合0000
デフラックス注入術1110
DJ尿管ステント留置10997137157
鏡視下尿膜管摘除術0210
尿膜管摘除術(開腹)2120
TUR-BT53696666
鏡視下膀胱全摘除術0010
根治的膀胱全摘除術3522
経尿道的膀胱砕石121065
膀胱瘻増設2425
前立腺生検172192153121
TUR-P13241718
TUEB0800
HoLEP(レーザー前立腺核出術)00140
鏡視下前立腺全摘術012715
前立腺全摘除(開腹)121410
包茎手術28910
陰茎全摘0100
内視尿道切開0132
精巣静脈瘤高位結紮1000
高位精巣摘除3524
精巣摘除(前立腺癌)3310
精巣固定(停留)0204
精巣固定(捻転)0331
精巣・精索水瘤7875
内シャント関係手術49483746
人工血管内シャント1130
長期留置透析カテーテル1010156
CAPDカテーテル関係6655
その他18201415
  • ○ 予定手術は、精査後速やか(1~2週後)に行います。癌の手術や合併症のある方は術前の準備のため手術までに期日(3~8週程度)を必要とすることもあります。
  • ○ 出血が予想される手術には、400~1200mlの術前自己血貯血を行っています。
  • ○ 前立腺針生検の入院期間は2日間、経尿道的手術(膀胱癌)は5日間、腎生検、精巣および陰嚢内手術(精巣腫瘍、精巣捻転、陰のう水腫)は4日間、腹腔鏡手術(腎癌、腎盂尿管癌、副腎腫瘍、前立腺癌)は8~10日間、前立腺内視鏡手術は6~10日間を予定(合併症、偶発症出現時を除く)しています。
  • ○ 血液浄化室は30床(HDF、on-lineHDF対応含む)で、現在70名の維持透析患者を治療しています。近隣の透析施設から、手術や入院治療が必要な透析患者の臨時受け入れにも対応しています。家族性高脂血症に対するLDL吸着、敗血症に対するエンドトキシン吸着、潰瘍性大腸炎に対する顆粒球吸着、ICUでのCHDFも行っています。
  • ○ 腹膜透析(CAPD)患者は9人で、2週間毎の診察を行っています。夜間に機械で自動的に行うAPDを積極的に採用しています。