採用情報

HOME

臨床研修医募集

臨床研修医募集

  • H29年度(H30年度生)追加募集ついて
  • 研修管理委員長あいさつ
  • 研修プログラム
  • 出身大学別の研修医受入実績
  • 研修医向け特別勉強会
  • 処遇・福利厚生
  • 研修医専用宿舎
  • 日当直研修について
  • 課外活動など
  • アクセス
  • 患者数などの統計資料
  • 病院見学について
  • H29年度(H30年度生)募集要項・採用試験日程など
  • お問い合せについて

H30年度生 追加募集のご案内

初期臨床研修医 追加募集の採用について

当院では、平成30年度生の追加募集を受け付けております。
見学等をご希望の方は、お気軽に担当までお問い合せ下さい。

応募資格 医師国家試験合格見込みの方および医師免許取得後2年以内の方
募集定員 定員(6名)に達するまで
試験方法 面接のみ
試験日 随時(ご希望に沿えるよう日程調整させていただきます。)
※当院での学外実習や病院見学をされていない方は、見学も受け付けております。(見学当日の夕方に面接試験を予定しております。)
応募書類 履歴書・必ず証明写真を添付すること
②卒業見込証明書 または 医師免許証(写し)
応募締切 定員に達するまで
 追加募集がある場合は、日程等をホームページに掲載予定
提出方法 面接日または、見学時にお持ちください。

事前にご提出が可能な方は、郵送及びメールでも受け付けております。
メールの方は①、②の書類をWord、Excel、PDFいずれかの形式でお送りください。(原本は面接試験時に必ずお持ちください。)

研修管理委員長あいさつ

 後期高齢者が最多となる2025年問題の後には、医師過剰となる2030年問題が控えているといわれます。医師の実力がますます問われる時代になっています。その基礎を作る初期研修をどこで行うか。あふれる情報の中で選択に迷うことでしょう。
 よい研修とは多くの症例を経験することで、しかもファーストタッチをすることです。その最良の機会は救急外来での日直や当直ですが、そこには時に落とし穴があります。例えば頭痛や腹痛はさほど緊急性が高くないように見えても、くも膜下出血や消化管穿孔などの重大な疾患であることもあります。それを見逃さないためには上級医の確実なバックアップが必要です。当院には診療部はもちろん、看護部や技術部、事務部など病院をあげて臨床研修に協力する体制があり、安心して研修することができます。
 また研修医のための勉強会をほぼ毎週開いています。内容は多岐にわたり、各科の救急診療のポイント、糖尿病、高血圧、高脂血症といったいわゆるCommon diseaseのまとめ、さらに人工呼吸器や人工透析器の仕組みと使い方など分野を限りません。自分が将来何を専門とするかにかかわらず、広く見聞してもらうことで患者の状態をより深く正確に知る事ができると思うからです。
 富岡は名前の通り富む岡であり、妙義、荒船をはじめとする西上州の山々や浅間の雄大な姿を望む自然豊かな土地です。そのような環境のもと、「程よい忙しさ」でのびのびと研修していただけると確信しています。
 研修に役立つチャンスは可能な限り提供します。ぜひそれを生かしてください。研修医の皆さんのおいでを心からお待ちしています。

公立富岡総合病院 医師臨床研修管理委員会
委員長 嶋田 均

研修プログラム

当院のプログラムの特徴

1.「実績」から導き出された、バランスのいいプログラム

当院の初期臨床研修プログラムの特徴は、1年次の外科研修を3ヶ月間設けていることです。
このようなプログラムにしている理由は、将来外科系を志望している方はもちろん、内科系志望の方、進路を決めかねている方、すべての方において「外科医の仕事」を体験しておくことは、とても大きな財産になると考えているためです。これは、過去の受入実績や、多くの指導医の経験から導き出された理論です。逆に、2年次は地域医療として1ヶ月、麻酔科、産婦人科、小児科、精神科(西毛病院または群馬大学病院)のうち1科目を必修すれば、残り10ヶ月は自由に好きな科を選択することができます。 例えば、内科系を志望する方であれば、10ヶ月すべてを内科系に注ぎ込むということも可能です。
このように、「必修科目」として初期研修2年間のうちに学んでいただきたい科目、経験していただきたい科目で14ヶ月、「選択科目」として将来のご自分の進路を固めていく上で経験しておきたい科目で10ヶ月を選べる、バランスのよいプログラムとなっております。

2.実例でみる「オリジナルプラン」

当院は、現在の臨床研修制度が始まった平成16年度から、これまでに多数の先輩医師を輩出しております。その先輩医師達は、実に様々な診療科で活躍されており、当院のプログラムがいかに「自由」であるかを表しています。以下に実際の研修スケジュールと、研修修了後に進んだ診療科をいくつかご紹介します。

ケースⅠ 外科に進んだ先輩(男性)

モデル:様々な科の経験で自分の進路を模索したプラン

456789101112123
1年 内科Ⅲ
循環器
内科Ⅱ
消化器
外科 救急
麻酔
救急
外科
救急
内科
内科Ⅰ
呼・内
2年 内科Ⅰ
呼・内
麻酔 外科 精神
西毛
小児 産婦 救急
内科
放射 小児 耳鼻 地域 泌尿器

ケースⅡ 産婦人科に進んだ先輩(男性)

モデル:志望科をはっきりと見据えたプラン

456789101112123
1年 内科Ⅱ
消化器
内科Ⅲ
循環器
内科Ⅰ
呼・内
外科 救急
麻酔
救急
外科
救急
内科
2年 小児 産婦人科 救急
内科
精神
西毛
麻酔 地域 放射 産婦人科

ケースⅢ 消化器内科に進んだ先輩(女性)

モデル:内科系を中心に、初期臨床期間で学びたいことを織り交ぜたプラン

456789101112123
1年 内科Ⅰ
呼・内
内科Ⅱ
消化器
救急
麻酔
救急
内科
内科Ⅲ
循環器
救急
外科
外科
2年 放射 精神
西毛
小児 内科Ⅰ
呼・内
泌尿 内科Ⅲ
循環器
産婦 内科Ⅱ
消化器
地域 内科Ⅱ
消化器

ケースⅣ 眼科に進んだ先輩(男性)

モデル:眼科の経験値を多く積みつつ、必修科目も網羅したバランスプラン

456789101112123
1年 内科Ⅱ
消化器
内科Ⅲ
循環器
救急
麻酔
救急
外科
救急
内科
内科Ⅰ
呼・内
外科
2年 眼科 放射 耳鼻 泌尿器 産婦 麻酔 内科Ⅰ
呼・内
精神
西毛
眼科 地域 眼科

先輩のプランをみると、1つとして同じプランはなく、みなさんの考え方が凝縮した「オリジナルプラン」ばかりです。あなたの「オリジナルプラン」も是非当院で実現させてください。もちろん、指導医をはじめ、先輩研修医や事務担当者がご相談させていただきます。


臨床研修修了者が進んだ診療別一覧

H29.3.1時点

内科系 外科系 産婦・小児・その他
内科 消化器 循環器 外科 整形 形成 脳外 皮膚 泌尿器 眼科 耳鼻 救急科 産婦 小児 精神 放射線 麻酔 その他
4 2 3 3 6 1 1 1 1 2 1 1 4 2 1 2 3 1 39
9 17 13

※研修修了時の集計のため、現在は診療科が変わっている場合もございます。

3.自由に「迷える」、フレキシブルなプログラム

当院プログラムのもう一つの特徴は、2年次のプランを「自由に迷える」ことだと言えます。
2年次のプランを決めてから、「やっぱり、この科もみたい。」「こうすればよかった。」という迷いは少なからず出てきます。しかし、当院のプログラムはこんな「迷い」も想定しています。
例えば、2年次の半年だけは決めておいて、残り半年は直前になってから決めるということもできます。これは、医師としての貴重な2年間をなるべく後悔せずに、自分の好きなように決められるための配慮です。将来の進路を決めかねている方には、特にオススメなプログラムです。

4.少数精鋭で、「実践的な」医師の養成

当院の研修スケジュール作成において重要視するポイントは、「できるだけ他の研修医と診療科が重複しない」体制を心掛けているところです。これは、指導医が1名の研修医に集中的に指導できるだけでなく、研修医自身も「診療科の一員」としての心構えを養うことにもつながります。このことは、他科の医師に積極的に意見を聞く事や、カンファレンスなどで自分の意見を述べるという経験も多く積むことにもなり、より「実践的」な医師の養成に役立っていると考えています。

研修医オススメポイント

私が富岡総合病院を選んだ一番の理由は、大きすぎない病院でフットワークよく学びたいという思いがあったことと、研修医の数が多すぎないので、指導医の先生から丁寧な指導をしていただけるかなと思ったからです。入ってみるとこの希望は実現し、今では、「科の一員」として患者さんと接する意識が高まっています。

5.充実した協力病院

当院では、血液内科や脳疾患、入院精神病など、自院で充分な研修を行えない科について、他院と協力体制を確立しています。特に、2年次の必修科目となる「地域医療」は、当院と同系列の公立七日市病院で行うこととなり、同系列ならではの密接した連携を学ぶことができます。

研修医オススメポイント

私は自家用車を持っておらず、2年次の必修科目である「地域医療」や「精神科」などの研修病院に通う方法に不安がありました。しかし、研修医専用宿舎から最寄り駅まで徒歩3分、また地域医療を研修する七日市病院は最寄り駅まで徒歩1分、精神科研修を行う西毛病院は最寄り駅まで徒歩3分と、とても交通の便がよく、落ち着いて研修できました。



プログラム番号 030118301
協力病院 群馬大学医学部附属病院 (各診療科)
高崎総合医療センター (脳神経外科)
大和会 西毛病院 (神経科)
公立藤岡総合病院 (血液内科)
県立小児医療センター (麻酔科)
県立心臓血管センター (麻酔科)
老年病研究所附属病院 (脳神経外科・神経内科)
協力施設 公立七日市病院 (地域医療)
上野村へき地診療所 (地域医療)
富岡保健所 (地域医療)
老健施設こまち (地域医療)

出身大学別の研修医受入実績

当院は、群馬大学様の卒業生をはじめ、様々な大学からの研修医を受け入れております。
出身大学に関わらず、思い切り研修できる環境が整っています。

年度 合計人数 大学名(人数) 大学名(人数) 大学名(人数) 大学名(人数)
平成29年度1群馬大学(1)---
平成28年度2群馬大学(2)---
平成27年度3群馬大学(2)日本医科大学(1)--
平成26年度0----
平成25年度4群馬大学(2)獨協医科大学(1)自治医科大学(1)-
平成24年度5群馬大学(2)自治医科大学(1)徳島大学(1)日本大学(1)
平成23年度4群馬大学(3)福井大学(1)--
平成22年度2福島県立医科大学(1)自治医科大学(1)--
平成21年度4群馬大学(1)秋田大学(1)鳥取大学(1)自治医科大学(1)
平成20年度3群馬大学(2)自治医科大学(1)--
平成19年度4群馬大学(1)筑波大学(1)昭和大学(1)独協医科大学(1)
平成18年度4群馬大学(3)自治医科大学(1)--
平成17年度5群馬大学(3)旭川医科大学(1)弘前大学(1)-
平成16年度1群馬大学(1)---

研修医向け特別勉強会

1.水曜日“特別勉強会”

当院の研修メニューの中で特徴的なイベントが、毎週水曜日の夕方に行う“特別勉強会”です。
common diseaseからマイナー分野の救急対応、特定の季節に多い疾患、エコーや穿刺といった実技演習、整形外科や循環器内科で扱う診療材料のレクチャー、診断書の書き方・・・などなど、テーマや診療科にとらわれず、非常に幅広いエリアを取り扱っています。また、特別勉強会の講師は、院内の上級医はもちろん、外部から招いて行うこともあります。
また、研修医自身が主体となって行う症例発表会も定期的に開催されます。
これから医師として必ず必要になってくるプレゼンテーションのノウハウや、スライドの出来栄えも上級医が丁寧にチェック。「わかりやすく説明できる」というスキルは、場数をこなすことで確実に上達していきます。

毎週趣向を凝らした勉強会のテーマは、臨床研修管理委員長が自ら厳選。
将来、どの分野に進んでも役立つ知識をたくさん吸収してください。


2.金曜日“抄読会”

金曜日のお昼には、医局内会議室で副院長による「抄読会」が開催されます。
抄読会・・・といっても、本を読むのではなく、iPad等のタブレット端末を使用し、英語の医学文献の検索方法や、最新の学会発表データなどを学んでいます。当院では、国外の医学情報をスピーディに得る事が可能な検索システムを採用しており、このシステムの有用な使用方法もしっかりとレクチャー。

この抄読会で得た知識をすぐさま臨床でお役立ていただけるよう、院内のほぼ全域にWi-Fi環境を整えました。また、「タブレット端末を持っていない・・・」という方もご安心ください。
研修医1名に1台のiPadを、研修開始時にお渡ししています。
また、金曜日の勉強会はランチョンミーティング形式で行っているので、気兼ねなく質問できたり、他の研修医と意見交換できる点も好評です。


3.災害医療研修

“いざという時、医師として何をすべきか。自分には何ができるか。”
これは、災害の多い日本で医師を目指す方には、是非とも経験をしていただきたい分野であり、なかなか学ぶ機会の少ない分野でもあります。
当院では、春に市内の合同防災訓練、秋に院内大規模災害訓練、冬には管内の消防署での実習がカリキュラムに含まれています。また、当院は災害拠点病院にも指定されており、専門の研修を終えたDMAT資格を持った職員も多数在籍。プロから学ぶ“知識”と、自ら体験する“現場”は、きっとあなたの成長につながるでしょう。

処遇・福利厚生

安心して研修していただけるよう、手厚い処遇でお迎えいたします。
また、院外の勉強会・講習会にも積極的にご参加いただけるよう、補助も充実しています。

① 身分
非常勤職員
② 基本給与(月額)
1年次 430,000円   2年次 470,000円
③ 賞与(年額)
1年次 430,000円   2年次 470,000円
④ 日当直手当(1回につき)
1年次 16,000円   2年次 25,000円
⑤ 学会・セミナー等への参加
年間180,000円程度を限度に交通費や宿泊費、参加費を補助します。
⑥ 勤務時間
8時30分~17時15分
⑦ 休暇
有給休暇 年間20日、夏期休暇6日、年末年始
⑧ 公的医療保険
全国健康保険協会
⑨ 公的年金保険
厚生年金保険
⑩ 健康管理
規定による健康診断等を行います。(年2回)
⑪ 医師賠償責任保険
病院にて加入します。

研修医専用宿舎

便利な立地の研修医専用宿舎を完備

当院の研修医専用宿舎は、「5分歩けば何でもそろう」立地条件です。もちろん勤務先となる富岡総合病院も徒歩5分圏内です。

・家賃10,000円/月
・平成26年リフォーム済
・間取り1K 26.71㎡
・風呂・トイレ別
・駐車場1台付き

 

 

日当直研修について

日当直研修 ~ファーストタッチで鍛える“自信”~

当院では救急部門の研修のひとつとして、夜間休日における救急対応の研修を行います。内科系・外科系・産科に分かれ、指導医1人に対し研修医1人の体制をとり、必ず上級医の下で診療に当たります。
特に2年次には、ファーストタッチを多く経験できる体制を敷いており、日当直研修を重ねることによって、他のどんな研修でも得られないような充実感と自信を実感いただけると思います。その中で、疑問に思うことや、判断に困る場面も出てきますが、その都度上級医と相談しながらレベルアップできます。
回数は月に3~5回(土日祝日含む)とし、スケジュールは自分の予定に合わせて組むことができます。

課外活動など

当院では、日々の臨床研修の他に、様々な意見交換会やイベントを行っています。以下に一例を紹介します。

時期写真概要写真
4月 オリエンテーション 富岡総合病院のある、群馬県西毛地区について「どんなところなのか?」を知ってもらうことが大きな目的です。
座学は最小限に、色々なところを直接自分の目で見て、肌で感じてもらいます。
課外活動
新研修医歓迎会 4月の始めには、「新研修医歓迎会」が開催されます。指導医の先生や、コメディカルスタッフも交じって、わいわいとやっています。 課外活動
5月 富岡市総合防災訓練 富岡市が主催する総合防災訓練に参加します。
災害時や多数傷病者が発生した時の対応方法や、消防との連携を体験することで、レベルアップを図ります。
課外活動
6月 上野村へき地診療所
での意見交換会
当院は上野村へき地診療所と日々連携しており、上野村で行っている「へき地診療」について、所長の先生を交えて意見交換会を行っています。
一泊二日で、上野村のコテージで行っています。
課外活動
8月 レジナビ 東京ビックサイトで、レジナビに参加です。 課外活動
9月 日本光電様工場見学 富岡市には、AEDや心電図モニタメーカーの日本光電様の生産工場があります。
普段使う器械が実際に作られているところを間近で見学。Made in 富岡のすごさを実感です。
課外活動
10月 富岡どんとまつり 富岡市では2年に1度、大きなお祭りが催されます。
研修医も病院職員に交じって、揃いのハッピや浴衣で参加します。
課外活動
11月 ぐんまレジデントグランプリ 群馬大学の大講堂で行われる、ぐんまレジデントグランプリに参加します。
当院は過去2回グランプリに輝いたこともあります。
過去の結果は以下に詳しく紹介してあります。
課外活動
12月 医局忘年会 各科の先生が一同に会する、大忘年会です。
日頃できない相談も、この場ならフランクに話し合えます。
課外活動
1月 救急車同乗実習 富岡消防隊に朝から夜まで1日体験入団。
普段は「受入れる」側の研修医ですが、救急車同乗体験の中で、患者を搬出する場面や、受入先の医療機関への連絡などを体験することで、医師としての意識がまた一つ上がります。
課外活動
3月 研修医送別会 長かった2年も、終わってみれば短かった2年。
入った頃とは見違えるほど逞しく成長して、次なる新天地でも活躍してください!!
課外活動

ぐんまレジデントグランプリの結果

アクセス

  • ○JR高崎駅より上信電鉄線で東富岡駅下車
    徒歩5分
  • ○上信越自動車道 富岡ICより車で10分
  • ○高速バス(池袋~佐久)富岡バス停より
    タクシーで10分

患者数などの統計資料

Ⅰ 病院の概要

1.病院の現況(平成28年3月31日現在)

名称
公立富岡総合病院
所在地
〒370-2393 群馬県富岡市富岡2073番地1
電話番号等
TEL:0274(63)2111㈹ FAX:0274(64)3377
E-mail : office@tomiokahosp.jp
U R L : http://www.tomioka-hosp.jp/
開設者
富岡地域医療事務組合
構成市町
富岡市・甘楽町
管理者
岩井 賢太郎
病院長
佐藤 尚文
病院種別
一般病院(平成2年5月1日 群馬県指令医第43号)
病床数
341床(一般病床337床、感染症病床4床)9単位
診療科目
(20科)
内科、精神科(心療内科)、神経内科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科、歯科口腔外科、病理診断科
施設
敷地面積 62,477㎡
延床面積 31,129㎡
構  造 鉄筋鉄骨コンクリート造
規  模 地下1階、地上6階、健診棟、放射線治療棟、南棟
附帯施設 医師住宅12戸、看護師宿舎42戸、院内保育所、電気室棟、
     車庫棟、養護学校、駐車場941台
診療指定
健康保険、国民健康保険、労災保険、母体保護法、生活保護法、結核予防法、自立支援医療(育成医療、精神通院医療、更生医療)指定病院、養育医療機関、原爆被爆者一般疾患医療、小児慢性特定疾患医療、感染症医療、先天性血液凝固因子障害医療、特定疾患医療、第二種感染症指定機関、救急医療告示病院、短期人間ドック、臨床研修指定病院、災害拠点病院、エイズ診療協力病院、がん診療連携拠点病院、難病指定医療機関
施設基準
一般病棟入院基本料7対1・総合入院体制加算・臨床研修病院入院診療加算・救急医療管理加算・妊産婦緊急搬送入院加算・診療録管理体制加算・医師事務作業補助体制加算・急性期看護補助体制加算・療養環境加算・重症者等療養環境特別加算・がん診療連携拠点病院加算・栄養サポートチーム加算・医療安全対策加算・感染防止対策加算・褥瘡ハイリスク患者ケア加算・ハイリスク妊娠管理加算・救急搬送患者地域連携紹介加算・救急搬送患者地域連携受入加算・病棟薬剤業務実施加算・データ提出加算・退院調整加算・ハイケアユニット入院医療管理料・特殊疾患入院医療管理料・小児入院医療管理料4・緩和ケア病棟入院料・患者サポート充実加算・ハイリスク分娩管理加算・院内トリアージ実施料・高度難聴指導管理料・糖尿病合併症管理料・がん性疼痛緩和指導管理料・がん患者指導管理料1、2、3・小児科外来診療料・地域連携小児夜間・休日診療料1・地域連携夜間・休日診療料・夜間休日救急搬送医学管理料・地域連携診療計画管理料・がん治療連携計画策定料・がん治療連携管理料・肝炎インターフェロン治療計画料・検体検査管理加算(1)(Ⅳ)・医療機器安全管理料1・在宅患者訪問看護・指導料・同一建物居住者訪問看護・指導料・在宅療養後方支援病院・持続血糖測定器加算・歯科治療総合医療管理料・HPV核酸検出・HPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)・薬剤管理指導料・心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算・時間内歩行試験・ヘッドアップティルト試験・皮下連続式グルコース測定・補聴器適合検査・ロービジョン検査判断料・コンタクトレンズ検査料1・小児食物アレルギー負荷試験・内服・点滴誘発試験・センチネルリンパ節生検(乳がんに係るものに限る。)・画像診断管理加算1、2・遠隔画像診断・CT撮影及びMRI撮影・冠動脈CT撮影加算・心臓MRI撮影加算・抗悪性腫瘍剤処方管理加算・外来科学療法加算1・無菌製剤処理料・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)・運動器リハビリテーション料(Ⅰ)・呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)・心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅱ)・がん患者リハビリテーション料・歯科口腔リハビリテーション料2・透析液水質確保加算・腫瘍脊椎骨全摘術・乳がんセンチネルリンパ節加算2・経皮的中隔心筋焼灼術、ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術・経皮的冠動脈形成術・経皮的冠動脈ステント留置術・大動脈バルーンパンピング法(IABP法)・腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固によるもの)・同種死体腎移植術・生体腎移植術・人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算・医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む。)に掲げる手術・輸血管理料Ⅱ・輸血適正使用加算・麻酔管理料(Ⅰ)・高エネルギー放射線治療・病理診断管理加算・クラウン・ブリッジ維持管理料・地域歯科診療支援病院歯科初診料・歯科外来診療環境体制加算
研修指定
厚生労働省臨床研修病院指定施設
日本内科学会認定医制度教育病院
日本糖尿病学会認定教育施設
日本呼吸器学会認定施設
日本内分泌学会専門医制度認定教育施設
日本循環器学会専門医研修関連施設
日本小児科学会小児科専門医研修関連施設
日本外科学会専門医制度修練施設
日本整形外科学会専門医研修施設
日本脳神経外科学会指定訓練場所
日本泌尿器科学会専門医教育施設
日本透析医学会認定施設
日本産科婦人科学会専攻医指導施設
日本眼科学会専門医制度研修施設
日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
日本麻酔学会麻酔指導認定施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
日本小児口腔外科学会認定医研修施設
日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設
日本アレルギー学会専門医教育研修施設

2.病院の沿革

昭和11年 2月
産業組合東部病院として開院(17床)
東部地区:富岡町、黒岩村、一ノ宮町、丹生村、高田村、妙義町、額部村、高瀬村、秋畑村、小幡町、福島町、新屋村、岩平村、小野村原 三郎 院長就任
診療科目:内科小児科、外科、耳鼻咽喉科、産婦人科
昭和12年 7月
篠原 規休 院長就任
昭和15年 1月
林 大学 院長就任
昭和17年 1月
群馬県購買販売利用組合連合会に統合
      7月
滝田 三雄 院長就任
昭和19年 1月
群馬県農業会へ移管、群馬県農業会厚生部所属病院として経営され、富岡厚生病院に名称を変更
昭和21年 5月
山岸 信 院長就任
昭和23年 8月
農業団体整理法により法的解散、施設経営は群馬県生産農業共同組合連合会に引き継がれる。
     11月
北甘楽郡厚生農業協同組合連合会を設立、病院施設等の移譲を受ける。
診療科目:内科、外科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科
昭和24年 1月
これより先に設立をみていた北甘楽郡国民健康保険団体連合会と経営権移管に関する協定書を交換し、国保病院として再発足(38床)
昭和26年 4月
高橋 照明 院長就任
昭和29年 7月
規約の変更により群馬県甘楽富岡国民健康保険団体連合会に名称を変更する。
昭和32年
理学療法科設置
昭和34年 8月
小児科設置
昭和35年
歯科廃止
昭和36年
整形外科設置
昭和38年12月
鉄筋コンクリート3階建診療管理棟病棟新築[第一期工事]
昭和40年11月
看護婦宿舎新築
昭和42年6月
看護婦宿舎新築
昭和43年12月
鉄筋コンクリート3階建診療管理棟病棟増築[第二期工事]
昭和44年 5月
基準看護(一類)、基準給食、基準寝具承認
      6月
総合病院名称使用承認
皮膚科、泌尿器科設置
昭和45年
脳神経外科設置
昭和46年 7月
鉄筋コンクリート4階建診療管理棟病棟新築[第三期工事]
昭和47年 4月
須田 昭男 院長就任
人工透析開始
昭和49年
歯科設置
昭和51年 6月
基準看護(特一類)承認
      7月
基準看護(特二類)承認
昭和51年 7月
富岡地域医療事務組合設立(開設者:富岡市、妙義町、甘楽町)
白石 孝一郎 管理者就任
昭和53年 1月
公立移行
診療科目:内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、
(13科) 産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、理学診療科、歯科
昭和54年11月
看護婦宿舎建設
昭和55年 3月
西棟(管理棟)、薬務室、資材倉庫建築
昭和56年 2月
「富岡厚生病院建築マスタープラン報告書」完成
     12月
第4病棟開設、人間ドック開始(4床)
昭和58年 9月
白石 孝一郎 管理者退任
      9月
広木 康二 管理者就任
昭和62年 5月
現病院用地造成工事完成
平成元年12月
現病院本体工事完成
平成2年 3月
附帯工事完成
     4月
循環器科、麻酔科設置(15科)
旧病院から現病院へ移転
     5月
公立富岡総合病院に名称変更し開院(298床)
オーダリングシステム導入
平成3年 2月
柴山 勝太郎 院長就任
    11月
旧病院(富岡厚生病院)南棟・北棟解体
平成4年 9月
基準看護(特三類)承認
平成5年 2月
2A病棟50床オープン
     4月
週休2日制実施
     6月
精神科設置(16科)
     8月
全床基準看護特三類承認、夜間看護加算承認
平成6年 4月
健診棟、放射線治療棟稼働
     5月
田村 泰彦 選任副管理者就任
     7月
消化器科設置(17科)
    10月
新看護にかかる届出(2:1A)受理
平成7年 4月
口腔外科設置(18科)
     7月
田村 泰彦 選任副管理者退任
     8月
患者給食オーダリング開始
     9月
広木 康二 管理者退任
     9月
今井 清二郎 管理者就任
平成8年 4月
検査科・病理設置
     6月
薬剤管理業務全病棟許可
平成10年 3月
トータル在庫管理システム導入
平成11年 1月
血管撮影室、病歴・フイルム管理室 増設
      3月
屋外トイレ設置
      9月
CRシステム設置
平成12年 3月
外来棟等 増設
リハビリテーション科移設
      9月
日本医療機能評価機構「病院機能評価(一般病院 種別B)」の取得
平成13年 2月
患者「いこいの広場」新設
      6月
神経内科設置(19科)
平成14年 4月
柴山 勝太郎 選任副管理者就任(兼務、公立富岡総合病院院長)
電子カルテシステム稼動開始
      5月
自治体立優良病院 総務大臣表彰
平成15年 4月
厚生労働省医師臨床研修病院指定
南棟増設
感染症病床4床オープン
2B病棟30床オープン(各病棟病床数組み替えにより、総病床数に変更無し)
高圧酸素療法開始
平成16年 5月
臨床研修医受け入れ開始
      7月
ICU6床オープン(各病棟病床数組み替えにより、総病床数に変更無し)
平成17年 4月
緩和ケア18床オープン(各病棟病床数組み替えにより、総病床数に変更無し)
      9月
日本医療機能評価機構「病院機能評価(一般病院 種別B)」の更新
平成18年 3月
今井 清二郎 管理者退任
合併に伴い構成市町が1市2町から1市1町へ
      4月
新看護にかかる届出(7:1)受理
岩井 賢太郎 管理者就任
      6月
DPC(診断群分類別包括評価)開始
平成19年 1月
地域がん診療連携拠点病院認定
平成20年 2月
PACS稼働
平成21年 3月
リニアック棟完成
     10月
リニアック稼働
平成22年 4月
岩井 賢太郎 管理者退任
岡野 光利 管理者就任
柴山 勝太郎 院長退任・名誉院長就任
牧野 武雄 院長就任
ICUからHCUに施設基準を変更
      9月
日本医療機能評価機構「病院機能評価(一般病院 種別B)」の更新
平成24年 4月
佐藤 尚文 院長就任
平成26年 3月
電気室棟新築
      4月
岡野 光利 管理者退任
岩井 賢太郎 管理者就任
      9月
病理診断科設置(20科)

【現在までの病床の推移】
開設及び変更
許可年月日
一般病棟 結核病棟 人間ドック 感染症病棟 合計 備考
増減 病床数 病床数 病床数 病床数 病床数
S11.2.131717開設
S24.1.24△3142438西側結核病棟建設
〃 10.256202646
S27.5.31203454北側木造1階建結核病棟建設
S28.6.236264874
〃 10.232680106北側木造2階建結核病棟建設
S30.8.29267096
S34.8.8285470124第7病棟建築
S38.12.267613044174第一期工事(南棟西側)
S43.122015036186第二期工事(南棟東側)
S44.6.291016036196
S46.7.304020019219第三期工事(北棟)
S52.12.23192190219
S55.10.120239239院内改修
S56.12.1212604264第4病棟開設、人間ドック開始
H 2.5.1342944298新築移転
〃 6.173014305
H5.2.16503514355院内改修50床増床(2A病棟)
H6.4△43478355
H15.4.134784359感染症病棟開設
H19.4.1234964359
H24.12.28△1233764347
H26.10.1△433344341

3.組合構成市町の地勢と病院の位置

 当地域は、群馬県南西部に位置し、東はひらけて藤岡市・高崎市を経て関東平野に続き、西は国定公園妙義荒船の美しい山系を越えて長野県佐久市・小諸市に通じ、南には秩父連峰を背に稲含山・御荷鉾山が連なり、北は浅間山を遠望する丘陵地を経て安中市に接する。さらに、北走すると県都前橋市が21㎞という距離にあり、また首都東京へは100㎞の位置にある。
 このように当地域は、三方を山に囲まれ、鏑川・雄川・高田川に沿って扇状に展開している段丘地帯である。この地勢から気候は温暖で、冬の季節風も穏やかであり、雨量も比較的少なく降雪はまれである。また、気象災害なども極めて少なく恵まれた条件にある。
 当病院は、甘楽・富岡地域の中核都市である富岡市の東部に位置し、市の中心を走る国道254号線富岡バイパスに隣接するとともに、上信電鉄東富岡駅に徒歩5分の距離にあり、加えて平成5年3月に開通した上信越自動車道の富岡インターチェンジから北に車で10分の位置にある。
 当病院の所属する医療圏は、構成市町の富岡市、甘楽町の他に下仁田町、南牧村の1市2町1村であり、人口は約7万4,000人を数える。近隣の安中市、高崎市からも多くの方が受診されている。



2) 建物配置図


(4)主要医療機器

1)部門別主要医療機器

[検査科]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
超音波診断装置Aplio500他東芝14台
誘発電位筋電図検査装置MEB-9404日本光電1台
オージオメータAA-75リオン1台
運動負荷システムSTB-3200キャトアイ1台
運動負荷用血圧監視装置Tango+エスエムアイ1台
脳波計EEG-1218日本光電1台
多用途心電図解析装置PEC-1320日本光電1台
ホルター心電図解析装置SCM-510J他フクダ電子1式
血圧脈派検査装置バセラVS-1000フクダ電子1式
心電計FCP-7541他フクダ電子3台
病理用チャンバーCCV-1900T他日立2式
密閉式自動固定包埋装置VIP-5-F-JOサクラ精機1台
免疫染色装置ベンチマークGX日本ロシュ1式
病理標本自動封入装置SGC-400サクラ精機1台
安全キャビネットSCV-13087EC Ⅱ日立1台
臓器写真撮影装置MPS-Ⅱ杉研商事1台
顕微鏡NIUニコン5台
システム顕微鏡BX50-54他オリンパス2台
デジタルマイクロスコープCOOLSCOPEニコン1式
多項目自動血球分析装置XT-1800iシスメックス2式
生化学自動分析装置日立7180日立ハイテク2台
全自動尿中有形成分分析装置UF-1000iシスメックス1台
細菌検査システムマイクロスキャンシーメンス1台
自動浸透圧測定装置OM-6060アークレイ1台
血液ガス分析装置RL1265シーメンス1台
糖尿病検査システムGA1171他アークレイ1式
自動免疫測定装置(アーキテクト)i1000SRアボット・ジャパン2式
血液培養装置バクテアラートシスメックス1台
凍結バッグ自動解凍器DH-8米国ヘルマー社1台
自動血球洗浄遠心器MC-400日立ハイテク1台
電子スパイロメーターSP-770COPDフクダ電子1式
凍結ミクロトーム クリオスタットCM1950OUVVライカ1式
総合呼吸抵抗測定装置MostGraph-01チェスト1式
自動染色装置 ティシューテックプリズマDRS-Prismaサクラファインテック1式
全自動輸血検査装置IH-1000バイオラッド1式

[放射線技術科]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
X線TV装置FLEXAVISION HB島津製作所1台
フルデジタルX線TV装置Winscope6000東芝1式
コードレス回診用X線装置(OP)MU-125M島津製作所1台
コードレス回診用X線装置(2F)IMC-1A東芝1台
コードレス回診用X線装置(4F)IME-200A東芝1台
ストレステスト用固定器10-001テロスジャパン1台
パノラマ・セファロⅩ線撮影装置AUTO-3M朝日レントゲン1台
外科用イメージⅩ線装置Opescope ACTENO島津製作所1台
外科用イメージⅩ線装置SXT-6600A東芝1台
X線一般撮影装置KXO-80G東芝1台
X線一般撮影装置RADIOTEX島津製作所1台
全身用MR断層撮影装置マグネトムアバントシーメンス1式
X線乳房撮影装置Senographe EssentialGE1式
マンモコイルBreast Matrix Coilシーメンス1式
64列マルチCT装置Somatom Sensationシーメンス1式
血管撮影室心臓血管バイプレーンInfinix Celeve東芝1式
血管撮影室心臓血管(デュアルプレーン)INFX-8000f東芝1式
遠隔画像診断連携システムSYNAPSE及びbeat富士フィルムメディカル1式
RIモニタリングシステム日本放射線1式
リニアック治療装置CLINAC21EXバリアン1式
SPECT・CT装置Symbia‐Tシーメンス1式
多チャンネル心電図解析記録装置EP-WorkMateセンチュリーメディカル1式
医療用画像情報システム(PACS)SYNAPSE富士フィルムメディカル1式
X線TV撮影装置(トモシンセンス付)SONIALVISION島津製作所1式
画像データ読み取り装置ID-680HMコニカミノルタ1式
デンタル画像デジタル化装置ビスタスキャンミニデュールデンタル1式
回診用X線撮影装置MobileArtEvolution
ほか
島津製作所2台

[薬剤部]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
安全キャビネットSG-403TX日科ミクロン2台
医薬品情報システムJUS-D.I.システムスズケン1台
薬液洗浄パスボックスTBC-WP12東京商会1台
PTP自動払出システムMilleトーショー1式
(内訳)
薬袋印字装置Ri-6Ⅱ2台
散薬調剤監査システムS-2600C1台
全自動散薬分包機AR-N909TPD+IO9090EX42台
全自動錠剤分包機Main-TOPRA4001SR1台
投薬表示システム(表示モニター)PRT-11台
調剤システムトーショー1式
なんこう練太郎NR-500シンキー1台

[手術室]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
電動油圧式手術台MOT-5601SRM他瑞穂医科工業6式
眼科治療椅子(手術台)DR-120-2Nタカラベルモント1台
眼科用手術顕微鏡システムM844 F40ライカ1式
外科手術用顕微鏡M525 OH4ライカ1式
リトラクターシステム欧和通商1台
直視型腹腔鏡(ラパロスコープシステム)アムコ1台
全自動炭酸ガス気腹装置オムニフレータ
レゼクトスコープシステムK4612Aセットオリンパス1式
OEC胆道ファイバースコープCHF-P60オリンパス1台
リトクラスト(尿管鏡含)EMSメディカル1式
ビデオ胆道・腎臓スコープシステムEPS-1000HOYAペンタックス1式
関節鏡システムS&N2式
超音波白内障手術装置レガシー2000他日本アルコン1式
超音波手術装置ソノペットUST-2001日本ストライカー1式
バイポーラ凝固止血器GN-060エースクラップ1式
マイクロターゼAZM-520アズウェル1台
電気メス(リガシュアー)Forcetriadバリーラブ3式
ハーモニックジェネレーターGEN11J&J3式
電気メス コンメドシステム5000小林メディカル2式
ルミナス炭酸ガスレーザー30C日本ルミナス1式
高周波焼灼電源装置サージマスターUES-40Sオリンパス1式
FISSOレトラクターホルダーセットS3-3レールクランプ村中医療器4式
TPS基本セットセーバードリル他日本ストライカー2式
エアトーム マイクロサージカルシステム00-5058-001-00ジンマー2式
エアードリル パワーシステムハイランXSエースクラップ1式
ハイランエアードリルシステムGA506R 他エースクラップ1式
マキシ・ドライバー2システムジンマー2式
チャンレー式 人工股関節形成術用機器アコマ医科工業1式
開創器(カスパー腰椎レトラクターシステム)エースクラップ1式
頚胸椎手術用頭部固定器GSS HeadJ&J1式
パティル式定位脳手術システムSX-1000日本MDM1台
全身麻酔装置(エスティバ)7900SE他GEオメダ6台
エコパルザー医療用消毒器UP-Iメディエート1式
超音波双方向血流計DVM-4300日本光電1式
手術室情報モニタリングシステムCNS-9701日本光電1式
膀胱尿道鏡OES Proオリンパス1式
手術用無影灯SKYLEDR9山田医療照明6式
耳鼻科用ビデオシステム(ラパロ)OTV-S190オリンパス1式
超音波画像診断装置S-Nerve富士フィルムメディカル1式
内視鏡外科手術システム(ラパロ)VISERA ELITE他オリンパス1式

[中央材料室]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
ウォッシャーステリライザーウドノ医機1台
高圧蒸気滅菌装置SXU-1412、SXⅡU-1412ウドノ医機2台
超音波洗浄装置MU-5200シャープ1式
低温プラズマ滅菌システムステラッド100ASP1台
チューブドライヤーRL-500三浦工業1台
ジェットウォッシャーHAMOエコラインエムエス1式

[病棟]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
ICGクリアランスメーターRK-1000第一製薬1台
シネアナライザーCAA-100西本産業1台
除細動器TEC-7631他日本光電6台
人工呼吸器サーボ900C他シーメンス 他6台
陽圧式人工呼吸器マスク式BiPAP Visionフジ・レスピロニクス2台
新生児・小児用人工呼吸器ミレニアムエアウォータ1式
保育器V-850WSC他アトム7台
トランスカプセルV-80TRアトム1台
分娩監視装置MF-7400トーイツ1式
分娩台DG-820タカラベルモント3台
ネオテーブル(体重計・身長計)CM-5811アトム 他2台
双方向無線血圧監視装置CENTRAL2日本コーリン2台
患者モニタリングシステムCNS-9701他日本光電8式
セントラルステーション(分娩監視)MF-7400Bトーイツ1式
HCUモニタCNS-9701日本光電1式
心電計ECG-9522日本光電1台
血液ポンプ駆動装置(PCPS)550Mメドトロニック1式
血液浄化装置KM-8900Eクラレ1台
体外式ペースメーカーEEP-30A日本光電1台
自動便器洗浄機TOPLINE20AP小川医理器8式
患者用ベッドFER-N636ほかフランスベッドほか345式
オーバーベッドテーブルKF-833LBパラマウントベッド80式
ICUセントラルモニタCNS-6201日本光電1式
耳鼻科用ユニットSNユニットエクセレンスDタイプ永島医科1台
安全キャビネットSCV-13087EC Ⅱ日立1台
アイシングマシンアークティックサン5000IMI1台

[血液浄化室]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
透析機器JMS 他30式
EGリーダSV-12生化学工業1台
浸透圧計ОSA-33日機装1台
多人数用心電図モニタDS-7780Wフクダ電子1式
膜型結漿分離装置KM-9000川澄化学1台

[リハビリテーション技術]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
オルソトラック 頸椎・腰椎牽引機OL-200OG技研1台
膝関節専用筋力訓練測定システムCB―2ミナト医科学1台
起立訓練台SPR-3000酒井医療1台
天井懸架式万能牽引訓練器GH-721OG技研1台
セザムEXLIC社1台
低周波治療器コンベックKR-2OG技研1台
重心動揺計スイングラビコーダG-6100アニマ1台
上下肢体用過流浴HK-122OG技研1式
電子スパイロメーターSP-350COPDフクダ電子1式
乾式ホットパックYIS-ST山一1式

[外来]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
空気眼圧計ノンコンタクトトノメ-タ-T-2キャノン1台
角膜内皮細胞撮影装置C-4309Aコーナン1台
ゴールドマン ペリメータ940K7型ハ-グストレイト1台
ゴールドマンオリジナルスリットランプ900BQVハ-グストレイト1台
マルチカラーレーザー光凝固装置ノーバス オムニ日本ルミナス1台
ハンフリー自動視野計HAFⅡ―740カールツァイス1台
眼科用超音波画像診断装置UD-6000トーメー1台
眼科用レーザー治療装置(ヤグレーザー)ビスラスヤグⅢカールツァイス1台
眼底カメラ・ファイリングシステムVX-10コ-ワ1台
手術用顕微鏡OPMI-CSカールツァイス1台
ハンディ・オートレフラクトケラトメータ・レチノマックスK-プラス2ライト製作所1台
スリットランプ900BQVハ-グストレイト1台
オートレフケラト/トノメーターTONOREFⅡニデック1台
無影灯山田医療照明2台
デフィブリレータ(除細動器)TEC-5500日本光電1台
経膣プロ-ブ(体外受精用)PVF-621VT東芝3本
体外受精顕微受精システム他ICSI-2Sオリンパス1式
天吊型集塵システムTVC-FAC-21東京技研1式
スーパーカスタムタイプT(ライト付)NTL304モリタ1式
スーパーカスタムタイプT(ライト付)MTL354モリタ1式
ニスタモグラフ眼しん計PM-6200日本光電1台
眼球運動刺激装置OK-5永島医科器械1台
耳鼻科ビデオシステムHOYAペンタックス1台
膀胱尿道鏡ビデオシステムBセット他オリンパス1台
膀胱ファイバ-スコ-プCYF-3オリンパス1台
ウロダイナミクス検査装置メヌエットコンパクトマンソン1台
膀胱ビデオシステムセンタOTV-S7V-Bオリンパス1台
オムニトラクト(泌尿器科)リトラクターUF450ガデリウス1台
膀胱腎盂ビデオスコープVISERA CYF TYPE VAⅡオリンパス1台
全自動便器洗浄機TOPLINE20AP小川医理器1台
光干渉断層計AS-3000ニデック1式

[ペインクリニック]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
診察台(電動)MK-1200モリタ4台
診察台(枕電動昇降)EX-SP12タカラベルモント2台
生体情報モニタBX-10日本コーリン3式

[内視鏡室]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
上部消化管ビデオスコープGIF-XP290N他オリンパス・富士フィルムメディカル16本
気管支ビデオスコープBF-Q290ほかオリンパス2本
大腸ビデオスコープCF-HQ290ZIオリンパス・富士フィルムメディカル7本
十二指腸ビデオスコープJF-260V他オリンパス・富士フィルムメディカル3本
高周波焼灼装置VIO200S他オリンパス2台
内視鏡洗浄消毒装置OER3他オリンパス・富士フィルムメディカル4台
マイクロターゼHSE-8Mアズウェル1台
アルゴンプラズマ凝固装置APC300アムコ1式
電子内視鏡システムEG-L580NW富士フィルムメディカル1台
電子内視鏡システムCV-290オリンパス4台
カプセル内視鏡ギブン1式

[健診センター]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
無散瞳眼底カメラTRC-NW300トプコン1台
オージオメーターAA-76リオン1台
聴力検査室AT-61及び64リオン2台
オート無散瞳眼底カメラニデック1台
心電計ECG-8320日本光電1台
X線骨密度測定装置DTX-200オステオメーター1台
フルオート非接触眼圧計TX-Fキャノン1台
X線TV装置Winscope64東芝1台
CRシステム 立位CRレジアス370コニカ1台
自動身長計付き体組成計DC-250タニタ2台
超音波診断装置Nemio35東芝2台

[栄養科]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
スチームオーブンレンジCPC-201Gラシャナル1台
ブラストチラー&フリーザーRB121Aオリオン機械1台
高能率食器洗浄機DWF2-6LPS日本調理機1式
調理用器具更新+パスツール冷蔵庫星崎工業1式
電気式食器消毒保管庫FEDBW40フジマック1式
温冷配膳車MSC-40LRB3ホシザキ電機9式

[感染対策]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
プラズマクラスターイオン発生機IG840 他シャープ1式
クリーンパーテーションACP-896日本エアーテック1式

[感染病棟]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
感染防止クリーンベットNB1200S日本医科器械製作所1台

[高圧酸素]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
高気圧酸素治療装置KHO-2000川崎エンジニアリング1式

[DMAT]

医療機器名 規格 製造会社名 数量
ポータブル人工呼吸器LTV1200フィリップス1台
携帯用超音波診断装置Micro Maxxソノサイト1台

Ⅳ 業務概要

1.入院・外来患者の状況

(1)入院患者の状況

①診療科別延患者数の状況

診療科 在院延数 新入院延数 退院延数
H27 増減 H26 増減 H27 増減 H26 増減 H27 増減 H26 増減
内科18,1977218,125-1,5311,383291,354-871,390511,339-112
精神科000000000000
神経内科000000000000
消化器科10,3772,2168,161-2,1691,110226884-1471,102219883-151
循環器科12,79760812,189476882-91973140881-91972133
小児科3,084-153,099297443-3547866441-3747858
外科18,9901,02417,9661921,605-341,6391051,611-271,638120
整形外科16,112-50016,6125011,062-201,082561,059-221,08167
脳神経外科3,213-3763,589232138-32170-1145-25170-1
皮膚科698227471-10952646-952250-5
泌尿器科5,5623455,2177207334069310373132699114
産婦人科5,52725,52512775-177926773-20793-2
眼科755-15691111198-8206-20201-5206-16
耳鼻咽喉科3,313-7214,034314443-4548810445-4549015
麻酔科000000000000
放射線科000000000000
歯科・口外438-885269296-111072094-1210619
合計99,0632,63896,425-9628,92088,9122428,925208,905239

②年度別一日平均患者数の推移



③病棟別延患者数の状況

病棟 在院延数 新入院・転入延数 退院・転出延数
H27 増減 H26 増減 H27 増減 H26 増減 H27 増減 H26 増減
2A病棟14,492-56115,0536201,217-441,261741,220-421,26281
2B病棟6,94566,939-251,546-2791,8251491,546-2751,821142
ICU1,165175990-152377-8245983376-8345984
3A病棟13,788-2913,8175091,581-1401,7211981,581-1391,720200
3B病棟13,36466612,6987781,327-1021,4291711,328-1021,430176
4A病棟13,66810113,567-981,181-1101,2911341,182-1091,291131
4B病棟14,2283314,195-2301,28551,280161,28581,27716
5A病棟10,4892,5117,978-2,5891,6253851,240-3561,6233841,239-359
5B病棟6,050-1216,171337953-4399657951-4799854
PCU4,874-1435,017-112368-324007372-263985
感染症000000000000

④診療科別病床利用率・平均在院日数

診療科 病床利用率 平均在院日数 入院期間別患者数(1ヵ月平均)
H27 増減 H26 増減 H27 増減 H26 増減 ~1W 1~2W 2~1M 1~3M 3M~1Y 1Y~
内科76.50.176.4-5.213.1-0.413.5-0.16845371310
精神科0.00.00.00.00.00.00.00.0000000
神経内科0.00.00.00.00.00.00.00.0000000
消化器科81.017.163.9-17.09.40.29.2-0.8693116500
循環器科97.14.392.83.714.52.012.5-1.54920211440
小児科46.8-0.447.210.67.00.56.5-0.230112000
外科112.85.8107.01.111.80.811.0-0.69139361511
整形外科91.7-3.194.82.815.2-0.215.4-0.44229451110
脳神経外科46.2-8.454.68.622.71.621.11.5744311
皮膚科63.620.643.0-10.013.43.69.8-0.7421100
泌尿器科76.04.571.512.87.60.17.5-0.252146400
産婦人科60.4-0.160.50.17.10.17.00.059153200
眼科41.3-8.649.90.63.8-0.64.40.42000000
耳鼻咽喉科75.4-16.792.17.27.5-0.78.20.43294200
麻酔科0.00.00.00.00.00.00.00.0000000
放射線科0.00.00.00.00.00.00.00.0000000
歯科・口外59.8-12.372.112.64.6-0.34.9-0.1801000
合計81.32.079.30.111.10.310.8-0.45312191767082

⑤平均在院日数と一日平均新入院患者数の推移



⑥病棟別病床利用率・平均在院日数

病棟 病床利用率 平均在棟日数
H27 増減 H26 増減 H27 増減 H26 増減
2A病棟92.1-1.693.71.711.90.011.9-0.3
2B病棟73.0-0.173.1-0.34.50.73.8-0.4
ICU53.17.945.2-6.93.10.92.2-0.8
3A病棟87.6-0.488.03.28.70.78.0-0.7
3B病棟83.03.979.14.910.11.28.9-0.6
4A病棟86.80.486.4-0.711.61.110.5-1.3
4B病棟86.40.086.4-1.411.10.011.1-0.3
5A病棟75.417.957.5-11.46.50.16.4-0.2
5B病棟61.2-1.462.63.46.40.26.20.0
PCU74.0-2.476.4-1.713.20.612.6-0.5
感染症0.00.00.00.00.00.00.00.0

*HCU許可数:6床、稼動数6床


(2)外来患者の状況

①診療科別延患者数の状況

診療科 延数 初診延数(初診料算定) 初診患者の割合
H27 増減 H26 増減 H27 増減 H26 増減 H27 H26
内科27,32544826,877-6784,3171204,197-19015.815.6
精神科5,986-966,082-21792-16108-501.51.8
神経内科1,7183431,3751939102972.32.1
消化器科12,5332712,506-49166468596575.34.8
循環器科15,829-50216,331-187375-18393132.42.4
小児科6,944-1737,117-7902,0641921,872-29229.726.3
外科17,645-97318,6181,4732,1471222,02525112.210.9
整形外科21,719-26521,9846162,587-92,596-20711.911.8
脳神経外科3,659-1613,820-18849210482-5613.412.6
皮膚科7,646-5288,174621,131-501,181-3314.814.4
泌尿器科26,70675725,9491,936961-15976243.63.8
産婦人科12,93332812,605381,06198963-1108.27.6
眼科10,820-1,00311,823-3086728664-56.25.6
耳鼻咽喉科8,053-6098,6624801,263-571,3205215.715.2
麻酔科1,157-251,18233524420112.11.7
放射線科2,811-6353,446300758-177751127.022.5
歯科・口外9,393-1,16410,557-3742,193-1562,3494623.322.3
合計192,877-4,231197,1082,02620,84029420,546-47110.810.4

②年度別一日平均患者数の推移



③予約率・院外処方率

診療科 予約率(再診患者に対する割合) 院外処方率
H27 前年比 H26 前年比 H27 前年比 H26 前年比
内科79.5-0.179.6-1.729.6-1.531.1-3.8
精神科90.0-0.490.42.557.4-3.961.3-2.1
神経内科98.2-1.8100.04.481.12.878.30.8
消化器科71.6-1.172.7-3.936.3-7.343.6-3.6
循環器科91.0-0.591.5-0.847.4-2.349.7-0.7
小児科72.22.969.32.312.5-2.915.41.2
外科73.00.672.4-1.89.9-0.710.6-2.3
整形外科81.26.674.62.228.9-3.932.83.8
脳神経外科76.91.375.60.527.0-0.427.4-1.4
皮膚科45.3-0.846.1-2.838.2-4.542.7-4.1
泌尿器科109.32.4106.9-0.733.7-5.639.3-7.3
産婦人科134.93.0131.9-1.837.7-10.147.8-7.1
眼科75.1-1.276.3-1.432.7-3.336.00.0
耳鼻咽喉科57.1-3.961.0-0.950.60.550.10.1
麻酔科114.71.4113.3-15.114.7-7.922.61.7
放射線科0.00.00.00.01.0-6.77.73.6
歯科・口外131.27.2124.02.620.7-1.722.4-5.4
合計80.11.378.8-1.333.2-3.236.4-1.4

(3)地域別患者数


(4)年齢別構成比


3.救急患者収容状況

(1) 時間外患者受診状況

①診療科別患者数



②年度別時間外受診者数の推移



③市町村別患者数

年度 富岡市 甘楽町 下仁田町 南牧村 吉井町 安中市 高崎市 県内 県外 合計
18年度11,7452,4881,1042892,0242,91294879862522,933
19年度10,9922,3481,0292921,9022,71380073271221,520
20年度10,0822,1661,0492751,8082,46978375064020,022
21年度9,3442,0161,0052922832,1952,07464963018,488
22年度9,0822,0251,003250-1,9412,20658361017,700
23年度9,1182,0341,025176-2,0132,14055560217,663
24年度8,8901,961954238-1,8932,16453057717,207
25年度8,6952,082986240-1,9172,05550754017,022
26年度8,6302,1321,003251-1,9202,02045058916,995
27年度8,6232,0111,014282-2,0732,08749052017,100

※21年6月から吉井町は高崎市と合併


(2)時間内救急患者の状況

①診療科別患者数



②年度別時間内救急受診者数の推移



(3)救急車使用患者受入状況
年度 区分 富岡市 甘楽町 下仁田町 南牧村 安中市 高崎市 その他 合計 1日平均
22年度時間内4821276924114135921,0434.29
時間外857213157631882521901,9205.26
23年度時間内4481247928125151881,0434.27
時間外916203158622122442092,0045.48
24年度時間内48712470311531431061,1144.55
時間外881217151532372792002,0185.53
25年度時間内49813074251401731071,1474.70
時間外963217160572292602012,0875.72
26年度時間内5021037527143162951,1074.54
時間外833194146522492912271,9925.46
27年度時間内470997621155151851,0574.35
時間外830220162513043392122,1185.79

(単位:人)




6.内視鏡検査・内視鏡処置

平成27年度内視鏡検査

検査名 処置 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
胃ファイバー5815477806706766507226556765375214457,460
EMCT0000000010001
EMR0001000000001
ESD1000000000001
HSE00025221002216
MCT0100000000001
異物除去2000000000204
クリップ20025242202122
APC0000000010001
ポリペク0000000000000
硬化術0000000000000
ステント挿入0001000000001
留置スネア0000000000000
生検292637334230463634253026394
ピロリ0123000100209
イレウス管0000000000000
食道静脈瘤結紮術(EVL)0001002000036
食道静脈瘤硬化術1110011100006
ERCP1069171111711187412123
ERBD534864491143667
EST20263415221230
EML12210020102415
バルーン拡張00012113000210
ブラシ0000000000000
膵液採取0000000000000
膵管ステント0000000000000
膵管ドレナージ0000000000000
生検1000000000001
細胞診1100100011005
0000000000000
大腸(ロング)605998869686858710676811151,035
EMR376755985992598
MCT1030001002108
クリップ4233421023522161
ポリペク0000000100001
小腸(肛門)0000000000000
培養1001000000103
ESD0000000000000
生検9269131376341477
培養0000010010002
0000000000000
大腸(ショート)42666779364666
EMR0000020100003
クリップ0010020101005
ポリペク0000000000000
生検30210231021116
0000000000000
0000000000000
気管支ファイバー241133533612649
ブラシ03501411300220
洗浄131133532511341
生検13703531610131
0000000000000
0000000000000
カプセル内視鏡0000000000000
胃瘻増設(PEG)0101102011209
検査の合計6586209057847937608297668106286145878,754
処置の合計754918293729382825663110885

7.手術

(1) 各科別手術件数(手術室での件数)
科別/年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
外科804888813
整形外科722709772
脳神経外科453232
皮膚科127171118
泌尿器科472515582
産婦人科218212198
眼科325302279
耳鼻咽喉科229224199
歯科口腔外科10011596
消化器科678
2,8093,1753,097

(2)麻酔別手術件数(手術室での件数)

(平成26年度)

科別/分類 全身麻酔 脊椎麻酔 局所麻酔 その他
外科7143486834
整形外科5409163694
脳神経外科402832
皮膚科60144150
泌尿器科12719880405
産婦人科1051040209
眼科10273274
耳鼻咽喉科134061195
歯科口腔外科96021117
消化器科0077
1,7274277632,917

(平成27年度)

科別/分類 全身麻酔 脊椎麻酔 局所麻酔 その他
外科7463044820
整形外科56011492766
脳神経外科202931
皮膚科40116120
泌尿器科17321882473
産婦人科100891190
眼科100230240
耳鼻咽喉科92057149
歯科口腔外科8201294
消化器科0077
1,7694516702,890

(3)各科手術件数内訳

[外科]

臓器名 平成25年 平成26年 平成27年
件数 うち悪性疾患(件数) 件数 うち悪性疾患(件数) 件数 うち悪性疾患(件数)
甲状腺3813236246
乳腺5370656864
うち乳房温存 23うち乳房温存 43うち乳房温存 44
外傷14010
肺、胸腔、縦郭3536152712
うち胸腔鏡下 2
食道66466
胃・十二指腸6462575848
肝臓・脾臓25161499
胆道・膵臓118110141369
うち予防的胆摘 10予防的胆摘はカウントせず予防的胆摘はカウントせず
うち腹腔鏡下 5
副腎03100
小腸30444351
結腸・直腸126161131154113
虫垂41472590
肛門28340270
血管47大動脈瘤 147大動脈瘤 013大動脈瘤 0
末梢血管 20末梢血管 4末梢血管 6
静脈瘤 26静脈瘤 43静脈瘤 7
腹壁・ヘルニア131173うち両側性 13146うち両側性 17
うち腹腔鏡下 2
その他20529502
合 計763888322813270

※手術室で施行された手術についての統計


[整形外科]

部位 疾患名 術式 H25件数 H26件数 H27件数
頚 椎頚椎症性脊髄症椎弓形成術 後方固定術202024
 (OPLLを含む)椎弓切除術015
頚椎ヘルニア前方固定術001
頚椎脱臼・骨折脊椎固定術031
頚椎・頚髄腫瘍脊椎固定術111
腰 椎腰椎椎間板ヘルニア髄核摘出術(Love)251712
脊椎固定術 椎弓形成術201912
腰部脊柱管狭窄症脊椎固定術 椎弓形成術494754
腰椎脱臼・骨折脊椎固定術130
腰椎分離すべり症脊椎固定術1099
変性側弯脊椎矯正・固定術005
腰椎・腰髄腫瘍腫瘍摘出術013
生検001
胸 椎胸椎性脊髄症脊椎固定術023
胸椎・胸髄腫瘍腫瘍摘出術031
胸椎脱臼・骨折脊椎固定術110
黄色靱帯骨化症(OYL)椎弓形成術122
胸椎椎間板ヘルニア脊椎固定術011
膝関節変形性膝関節症人工膝関節置換術293627
人工膝関節単顆置換術021
高位脛骨骨切り術020
滑膜切除術201
人工膝関節再置換術020
慢性関節リウマチ(RA)人工膝関節置換術220
靭帯損傷ACL再建術4615
その他靱帯修復術442
半月板損傷鏡視下切除術242931
鏡視下縫合術011
膝関節内骨折観血的整復固定術104
膝関節拘縮授動術010
離断性骨軟骨炎鏡視下ドリリング300
大腿骨骨壊死人工膝関節単顆置換術011
膝関節内血腫鏡視下洗浄法001
たな障害鏡視下滑膜切除術004
分裂膝蓋骨観血的整復固定術001
化膿性膝関節炎洗浄法004
股関節変形性股関節症人工股関節置換術(再置換含)688061
寛骨臼回転骨切り術110
慢性関節リウマチ(RA)人工股関節置換術001
急速破壊性股関節症人工股関節置換術022
大腿骨頭無腐性壊死人工股関節置換術1135
大腿骨頚部骨折人工骨頭置換術333141
外傷性脱臼骨折(中心性含)観血的整復術100
股関節脱臼(人工含)徒手整復術052
骨折・脱臼肩関節脱臼徒手整復術102
鎖骨骨折647
上腕骨骨折91015
肘関節部骨折685
肘関節脱臼徒手整復術001
前腕骨骨折435
手関節部骨折171717
手指骨脱臼・骨折17512
骨盤骨折(仙骨含む)001
大腿骨頚部骨折122120111
大腿骨骨折(頚部以外)181113
膝蓋骨骨折728
下腿骨骨折15426
足関節脱臼骨折171114
足部脱臼・骨折10114
内固定材抜去術374067
その他筋・腱断裂アキレス腱縫合術14911
手指腱縫合・腱移行術604
足部腱縫合術122
腱鞘炎腱鞘切開352943
手根管症候群開放術・神経剥離術81218
肘部管症候群神経剥離術692
足変形(外反母趾、リウマチ)足趾形成術、矯正骨切術、足関節固定術021
腫瘍軟部腫瘍摘出術1051
神経縫合術100
四肢血行障害(ASO・DM)大腿切断術521
下腿切断術330
手指・足指切断術610
四肢挫滅断端形成術340
四肢異物混入異物摘出術214
化膿性関節炎持続洗浄法300
鏡視下滑膜切除術020
化膿性骨髄炎掻爬・骨移植術100
化膿性脊椎炎脊椎固定術 椎弓形成010
化膿性椎間板炎CTガイド下ドレナージ011
その他骨バイオプシー300
植皮術010
陥入爪形成術400
CTガイド041
下生検減張切開術020
その他254526
合計733709772

[脳神経外科]

術式 H25件数 H26件数 H27件数
脳動脈瘤クリッピング110
開頭血腫除去術022
開頭腫瘍摘出術010
脳室ドレナージ100
脳室腹腔吻合術100
穿頭血腫灌流除去術422730
頭皮仮性動脈瘤切除術010
合 計453232

[泌尿器科]

部位 手術・検査名 H25件数 H26件数 H27件数
副  腎鏡視下副腎摘出術100
鏡視下腎摘出術9413
腎摘手術(開腹)754
鏡視下腎部分切除術002
腎部分切除術(開腹)100
経皮的腎瘻065
生体腎移植術010
腎生検6106
腎盂形成術212
腎盂尿管鏡視下腎尿管摘出術153
腎尿管摘出術(開腹)733
経尿道的尿管砕石110
尿管膀胱新吻合100
デフラックス注入術011
DJ尿管ステント留置11010997
鏡視下尿膜管摘除術002
尿膜管摘除術(開腹)321
膀  胱TUR-BT585369
根治的膀胱全摘435
経尿道的膀胱砕石41210
膀胱瘻増設024
前 立 腺前立腺生検123172192
TUR-P201324
TUEB008
鏡視下前立腺全摘術001
前立腺全摘除(開腹)151214
陰  茎包茎手術828
陰茎全摘101
尿  道内視尿道切開401
精  巣精巣静脈瘤高位結紮210
高位精巣摘除835
精巣摘除(前立腺癌)033
精巣固定(停留)102
精巣固定(捻転)503
精巣・精索水瘤678
腎不全関係内シャント関係手術474948
人工血管内シャント511
長期留置透析カテーテル31010
CAPDカテーテル関係466
その他その他51820
合 計472515582

[産婦人科]

部位 疾患名 術式 H25件数 H26件数 H27件数
婦人科子宮体癌準広汎子宮全摘術000
単純子宮全摘術5611
子宮内膜増殖症単純子宮全摘術100
子宮頚癌単純子宮全摘術(拡大含む)010
準広汎子宮全摘術000
異形成(CIN)円錐切除62416
子宮筋腫単純子宮全摘術262119
子宮内膜症、腺筋症筋腫核出術225
卵巣癌単純子宮全摘術201
単純子宮全摘術、両側付属器摘出344
付属器切除013
卵巣嚢腫その他211
嚢腫切除(付属器切除含む)152615
子宮脱腹腔鏡下手術6015
中央腟閉鎖術211
腹式単純子宮全摘010
腟式単純子宮全摘962
卵巣嚢腫マンチェスターの手術000
産褥卵管結紮000
卵巣出血卵巣形成000
その他113
産 科前回帝切帝王切開656151
児頭骨盤不均衡帝王切開283211
胎児機能不全帝王切開573
骨盤位(双胎含む)帝王切開261225
前置胎盤帝王切開201
常位胎盤早期剥離帝王切開210
筋腫核出術後帝王切開412
妊娠高血圧症候群帝王切開312
その他帝王切開013
その他子宮外妊娠卵管切除212
腹腔鏡下手術001
頚管無力症マクドナルドの手術101
その他産科手術000
合 計218212198

[眼科]

部位 疾患名 術式 H25件数 H26件数 H27件数
白内障超音波摘出術+眼内レンズ挿入術261258234
嚢外摘出術+眼内レンズ挿入術1573
超音波摘出術011
眼内レンズ挿入術113
硝子体硝子体置換術021
前房内異物前房洗浄術111
結膜弛緩症結膜嚢形成術101010
結膜裂傷結膜縫合術10610
翼状片翼状片切除+結膜有茎弁移植822
眼瞼腫瘍眼瞼腫瘍切除822
眼瞼裂傷眼瞼縫合術10810
眼瞼内反症眼瞼内反症手術032
眼瞼下垂眼瞼挙筋前転法110
合 計325302279

[耳鼻咽喉科]

部位 疾患名 術式 H25件数 H26件数 H27件数
慢性中耳炎鼓室形成術144
鼓膜形成術100
保存的鼓膜閉鎖術100
先天性耳瘻孔摘出術233
滲出性中耳炎鼓膜チューブ留置術1078
外耳道腫瘍切除術123
耳介血腫血腫開窓固定術121
耳介腫瘍切除術355
副耳切除100
耳介悪性腫瘍切除・植皮術100
鼻副鼻腔慢性副鼻腔炎鼻茸切除術121023
内視鏡下副鼻腔手術433825
上顎洞根本術200
上顎洞癌上顎洞試験開放、動注カテ留置020
鼻前庭嚢胞摘出術130
前頭洞嚢胞鼻内前頭洞解放術000
篩骨洞嚢胞内視鏡下嚢胞開放術000
蝶形骨洞嚢腫内視鏡下嚢腫開放術010
術後性上顎洞嚢胞上顎洞根治術100
内視鏡下嚢胞開放術571
肥厚性鼻炎下鼻甲介切除術334
鼻中隔彎曲症鼻中隔矯正術135
鼻副鼻腔腫瘍鼻内上顎篩骨洞開放術013
切除術000
内視鏡下切除術1103
鼻腔悪性腫瘍切除術111
顔  面頬骨骨折観血的整復術203
上顎骨骨折観血的整復術000
眼窩骨折観血的整復術011
鼻骨骨折非観血的整復術210
顔面腫瘍顔面腫瘍摘出術000
皮下異物異物除去術111
頚 部頚部腫瘍切除術7102
生検術013
頸部悪性腫瘍切除術100
頚部リンパ節転移腫瘍頚部郭清術100
頚部リンパ節腫脹リンパ節生検81010
深頚部膿瘍切開排膿135
口腔咽頭アデノイド増殖症切除術342
口蓋扁桃肥大摘出術332
慢性扁桃炎摘出術354
口腔腫瘍摘出術312
舌腫瘍切除術436
舌悪性腫瘍切除術200
下咽頭腫瘍摘出021
下咽頭異物摘出010
がま腫舌下腺全摘010
造袋術100
咽頭腫瘍切除術351
咽頭悪性腫瘍切除術110
上咽頭腫瘍疑い生検術000
下口唇嚢胞摘出術312
Sjogren症候群疑い下口唇小唾液腺生検術020
頬粘膜裂傷縫合術100
咽頭瘻孔咽頭瘻孔閉鎖術100
咬筋内異物摘出術100
口唇異物摘出術100
喉  頭ポリープ様声帯ラリンゴマイクロ024
声帯結節ラリンゴマイクロ000
声帯ポリープラリンゴマイクロ6105
喉頭腫瘍ラリンゴマイクロ1388
咽喉頭悪性腫瘍ラリンゴマイクロ7114
喉頭全摘術100
喉頭蓋嚢腫ラリンゴマイクロ413
唾 液 腺耳下腺腫瘍摘出術12117
耳下腺悪性腫瘍摘出術200
顎下腺腫瘍摘出術312
顎下腺唾石症管内唾石摘出術515
耳下腺唾石症管内唾石摘出術010
舌下腺腫瘍摘出術000
舌下腺悪性腫瘍摘出術100
気管食道気管支異物硬性気管支鏡下摘出術100
呼吸困難気管切開術8109
食道異物硬性食道鏡検査011
気切孔開存閉鎖術210
気管孔狭窄開大術000
合 計229224199

[歯科口腔外科]

疾患名 H25件数 H26件数 H27件数
埋伏歯728460
外  傷377
炎  症532
良性腫瘍855
悪性腫瘍131
嚢  胞111215
顎関節疾患000
その他口腔外科疾患016
有病者歯科000
合  計10011596

(2)両親学級
受 講 者 :
①当院で出産予定の夫婦
②夫立ち会い分娩を希望する夫婦
規  定:
①受講-予約制
②日時-第2・4日曜日
   午前10時~正午、午後2時~午後4時
③場所-公立富岡総合病院 講義室
内  容:
テーマ 内容
第2日曜日 父親になるための話 お産の経過・呼吸法・リラックス法
第4日曜日 育児レッスン オムツの交換・抱き方・沐浴

開催状況:
平成27年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
第2日曜日午前56264354413346
午後51462030101326
第4日曜日午前6656564254655
午後5356205220030
月合計2116162413981398812157

(単位:人)


17.分娩件数



病院見学について

当院の研修にご興味いただいた方、研修医や指導医の雰囲気を知りたい方、是非ともご見学にお越しください。
当院では、あなたの希望を最大限に組み込んだ見学プランをご提案します。例えば、「午後だけ」や、「当直したい」というご希望にもフレキシブルに対応させていただきます。また、見学に必要な交通費も規定に沿って支給させていただきます。以下に、見学のお申込み方法や、過去の見学実例などを掲載しますので、ご参考ください。

1.見学お申込みの流れ

①まずは、メールや電話で、以下の内容をご連絡ください。

・氏名、大学名、学年
・見学したい候補日(日程調整のために複数日候補をあげてください)
・見学したい診療科や内容など
(例:「外科の手術をみたい」「循環器内科のカテーテル検査をみたい」「当直体験してみたい」
   「午後だけ産婦人科を見学したい」「小児科と内科を2科ともみたい」など)

②なるべくご希望に沿えるよう調整をさせていただき、数日以内で見学プランを返信いたします。
また、こちらからのオススメプランをご提案させていただく場合もございます。

③あなたのご希望の内容と日にちが合致すれば、お申込み完了です。

2.過去にあった実例見学プラン

①ご希望内容 「午前は消化器内科で内視鏡検査を、午後は外科の手技をみたいのですが・・・」

時間 見学内容
8:20来院 → 院長による病院紹介と歓談
8:40内視鏡室で、胃カメラ検査を見学
12:00昼食(※院内レストランの日替わりランチ)
13:00手術室で、外科の手術を間近で見学。
16:30見学終了。
16:45研修医事務担当による、「富岡プチ観光ドライブ。」
研修医宿舎や、富岡製糸場など、病院の周辺をご案内します。
17:15簡単な事務説明の後ご帰宅

②ご希望内容 「朝は予定があるので、午後だけ麻酔科の見学はできますか?」

時間 見学内容
12:00来院 → 昼食 (研修医室で研修医一緒に食事)
13:00麻酔科見学。麻酔導入の様子をじっくりと見学。
15:00手術が一段落したのでコーヒータイム。
15:30引き続き麻酔科見学
16:30見学終了。そのままご帰宅。

お問い合せについて

お問い合せ、応募書類の送付先等について

公立富岡総合病院に少しでも興味をお持ちいただいた方、見学をご希望の方は、お気軽にお問い合せください。また、採用試験の応募書類の送付先も以下のとおりとなります。

病院名富岡地域医療事務組合 公立富岡総合病院
担当者総務課庶務係 医師臨床研修事務局 担当者 総務課庶務係 大手隼人
住所〒370-2393 群馬県富岡市富岡2073-1
電話・FAXTEL 0274-63-2111 FAX 0274-64-3377
メールアドレスsyomu@tomiokahosp.jp
ホームページhttp://www.tomioka-hosp.jp