病院案内

HOME

病院案内

院内感染対策指針

院内感染対策指針

公立富岡総合病院 院内感染対策指針

1. 院内感染対策に関する基本的な考え方

 当院は患者中心の医療を基本理念とし、良質で安全な医療を提供する為、院内感染対策を重要と考えています。感染症の発生を未然に防止し、発生した感染症を広げない為に速やかに原因を究明し、終息させることが重要と考えます。全職員が院内感染防止対策を把握し、病院理念に則った医療の提供を実現します。

2. 組織及び活動内容

 当院の院内感染対策は、感染対策指針に則り組織的に行われています。医師、看護師、薬剤師、検査技師など様々な職種で構成される感染対策チーム(ICT)が中心となり、耐性菌分離率、感染率などのサーベイランスや院内ラウンドによる情報収集と分析及び職員指導、マニュアルの整備、職業感染予防、抗菌薬適正指導を含む感染症診療の援助、環境整備等の活動をしています。必要時には地域の医療機関同士が連携し、相互支援がなされるよう、日常的な協力関係を築いております。連携する医療機関より院内感染対策に関する評価を受け、院内感染対策の改善に努めています。
 本取り組み事項は、院内掲示を行うことにより患者又は家族に閲覧できるようにしています。感染症発症時は、「院内感染拡大防止」及び「感染症治療の徹底」を図るため、患者・家族等へ十分な情報提供を行うとともに、理解を得た上で感染対策に協力を求めています。