病院案内

HOME

病院案内

企業長あいさつ

企業長あいさつ

公立富岡総合病院・公立七日市病院は、
地域からより必要とされる公立病院として
新たにスタートします。

岡地域医療企業団企業長兼公立富岡総合病院長 佐藤尚文

企業長就任のあいさつ
富岡地域医療企業団企業長兼公立富岡総合病院長 佐藤 尚文

 平成30年4月1日付けで富岡地域医療企業団の企業長を拝命いたしました。
 少子高齢化が加速し、日々厳しさを増す日本の医療環境の中で、その変化に迅速に対応し地域住民の皆さまのニーズに応えるため、この4月より地方公営企業法の一部適用から全部適用に移行しました。名称も富岡地域医療事務組合から富岡地域医療企業団となります。経営形態が変わっても富岡市と甘楽町で運営する公立病院であることに変わりはありません。
 『置かれた場所で咲きなさい』これはノートルダム清心学園の渡辺和子さんの名著ですが、社会に生きる人間として大切な心構えと思っています。実は病院も同じこと、目まぐるしく変化する社会環境の中での立ち位置をしっかり認識し、その中で“咲く”とはどんなことなのか?を700人の職員と共に考えています。刻々と変わる社会の中で私たちが目指し、また国も目指しているのは、全ての人々が安心してその場所で暮らせること、また人々の生き方や想いを尊重し、その人らしく最期まで穏やかに暮らせる社会をつくることです。それは私たち富岡地域医療企業団の目的そのものですし、それを支えることが私たちの“咲く”ことなのです。
 医師、看護師をはじめ全ての専門職が縦横のチームをつくり住民の皆さまに医療の提供を続けてまいりますのでこれからもご協力をお願い申し上げ、就任のあいさつとさせていただきます。