部門紹介

HOME

部門紹介

医療安全管理室

医療安全管理室

医療安全管理に関する基本的な考え方

医療安全の基本は、医療事故を起こした個人の責任を追及するのではなく、医療事故を発生させた安全管理システムなどの不備や問題点に注目し、それらの根本原因を究明し改善していくことです。
職員は医療事故を起こさないという信念のもとに、患者に信頼される医療の提供と医療の質の向上に努力し、安全な患者中心の医療を提供します。基本姿勢を基に、医療安全の必要性・重要性を全職員に周知徹底し、院内全体で医療安全を積極的に行います。

組織及び体制

  • 1) 医療安全管理委員会
    医療安全に関し必要な事項を定め、適切な医療安全管理を推進し、安全な医療の提供に資するために活動しています。
  • 2) 医療安全管理室
    医療安全管理委員会と連携し、院内での医療安全管理業務を統括・調整する部署として、活動しています。医療安全管理室には、医療安全管理室長、専従リスクマネジャー及び各部門の専任職員を配置しています。
  • 3) 医療安全対策推進チーム
    医療安全管理室と連携し、院内における医療安全対策の推進を目的として活動しています。
  • 4) 職場リスクマネジャー
    各職場で発生した事故・ヒヤリハットの全内容を把握し、分析・改善・対策をたて医療事故の減少に資する活動をしています。