部門紹介

HOME

部門紹介

整形外科

整形外科

特色

当科の特徴として脊椎、関節外科疾患例が多く、甘楽富岡地区のみならず西毛地区一円より紹介手術依頼があります。

スタッフ紹介

職 名 氏 名

(ふりがな)

専門分野 認定・専門医
副院長兼
リハビリセンター長
小林 敏彦

こばやし としひこ

整形外科一般
股関節
日本整形外科学会(専門医・リウマチ医)
日本リウマチ学会(専門医)
日本リハビリテーション医学会(認定臨床医)
日本体育協会公認スポーツドクター
義肢装具適合判定医
医師臨床研修制度(指導医)
主任医長
(第一)
小野 庫史

おの くらひと

整形外科一般
膝関節
日本整形外科学会(専門医)
日本体育協会認定スポーツドクター
医師臨床研修制度(指導医)
主任医長
(第二)
松原 圭介

まつばら けいすけ

整形外科一般
脊椎
日本整形外科学会(専門医・脊椎医・リウマチ医)
日本脊椎脊髄病学会(指導医)
日本リハビリテーション医学会(臨床医)
医師臨床研修制度(指導医)
主任医長兼
リハビリセンター主任医長
原 和比古

はら かずひこ

整形外科一般
脊椎
日本整形外科学会(専門医・脊椎医)
日本脊椎脊髄病学会(指導医)
医師臨床研修制度(指導医)
医 長 信太 晃祐

しだ こうすけ

整形外科一般 日本整形外科学会(専門医)
医師臨床研修制度(指導医)
医 長 鈴木 隆之

すずき たかゆき

整形外科一般
股関節
日本整形外科学会(専門医)
医 員 伊藤 俊介

いとう しゅんすけ

整形外科一般
医 員 宮本 了輔

みやもと りょうすけ

整形外科一般

診療実績(症例数等)

部 位疾 患 名術 式H24件数H25件数
頚 椎頚椎症性脊髄症(OPLLを含む)椎弓形成術 後方固定術2520
頚椎ヘルニア前方固定術3
頚椎脱臼・骨折前方後方両固定術
後頭骨頚椎固定術
頚椎・頚髄腫瘍脊椎固定術 1
環軸椎回旋位固定徒手整復術
腰 椎腰椎椎間板ヘルニア髄核摘出術(Love)2925
脊椎固定術 椎弓形成術2020
腰部脊柱管狭窄症脊椎固定術 椎弓形成術4449
腰椎脱臼・骨折脊椎固定術21
腰椎分離すべり症脊椎固定術1210
腰椎・腰髄腫瘍腫瘍摘出術3
胸 椎胸椎・胸髄腫瘍腫瘍摘出術
胸椎脱臼・骨折脊椎固定術11
黄色靱帯骨化症(OYL)椎弓形成術11
胸椎椎間板ヘルニア脊椎固定術2
膝 関 節変形性膝関節症人工膝関節置換術2329
高位脛骨骨切り術1
滑膜切除術62
人工膝関節抜去
慢性関節リウマチ(RA)人工膝関節置換術22
滑膜切除術
靭帯損傷ACL再建術54
その他靱帯修復術14
半月板損傷鏡視下切除術2424
鏡視下縫合術2
膝関節内骨折観血的整復固定術21
膝関節拘縮授動術
離断性骨軟骨炎鏡視下ドリリング13
膝蓋骨亜脱臼症候群膝蓋骨制動術
股 関 節変形性股関節症人工股関節置換術(再置換含)1868
寛骨臼回転骨切り術 1
人工股関節抜去術
慢性関節リウマチ(RA)人工股関節置換術
大腿骨頭無腐性壊死 人工股関節置換術511
強直性脊椎炎人工股関節置換術
大腿骨頚部骨折人工骨頭置換術2133
外傷性脱臼骨折(中心性含)観血的整復術 1
股関節脱臼(人工含)徒手整復術8
大腿骨頭すべり症観血的整復固定術1
三次元骨切り術
骨折・脱臼肩関節脱臼徒手整復術 1
観血的整復術
肩鎖関節脱臼観血的整復固定術2
鎖骨骨折 36
上腕骨骨折 89
肘関節部骨折 86
前腕骨骨折 94
手関節部骨折 17
手指骨脱臼・骨折 1017
骨盤骨折(仙骨含む)
大腿骨頚部骨折 126122
大腿骨骨折(頚部以外) 618
膝蓋骨骨折 47
下腿骨骨折 1215
足関節脱臼骨折 917
足部脱臼・骨折 410
内固定材抜去術4837
そ の 他筋・腱断裂アキレス腱縫合術1014
手指腱縫合・腱移行術66
足部腱縫合術21
大腿四頭筋形成術
肩腱板修復術
腱鞘炎腱鞘切開2635
腱剥離術
手根管症候群開放術・神経剥離術48
肘部管症候群神経剥離術116
腫瘍軟部腫瘍摘出術2410
骨腫瘍摘出術
プローべ
末梢神経・血管損傷神経剥離術
神経縫合術 1
血管縫合術
四肢血行障害(ASO・DM)大腿切断術25
下腿切断術33
手指・足指切断術46
四肢挫滅断端形成術43
肘関節鼠摘出術
肘関節拘縮肘関節授動術
手(指)・足(指)関節変形関節固定・形成術
(RA・Dupuytren拘縮を含む)
足関節靭帯損傷靭帯修復術
四肢異物混入異物摘出術22
化膿性関節炎持続洗浄法 3
化膿性骨髄炎掻爬・骨移植術 1
化膿性脊椎炎脊椎固定術 椎弓形成
硬膜外膿瘍膿瘍郭清手術
ロッキングフィンガー骨辣切除
斜頚腱切除
その他骨バイオプシー33
植皮術
陥入爪形成術24
その他4025
合 計 654733

老人骨折の問題点

 当科は外傷はもとより脊椎、関節外科疾患例が多く、甘楽富岡地区のみならず西毛地区一円より紹介手術依頼がある急性期病院である。
 近年の超高齢化社会の到来とともに80~90歳前後の自己転倒、ベッド落下、場合によれば乗用車による衝突事故や歩行に支障があるため、無理な自転車、バイク乗車による転倒事故等による大腿骨頚部骨折に代表される老人骨折手術例が急増し、今年度は手術可能な頚部骨折に対し人工骨頭13件骨接合術113件を施行している。急性期病院の性格上早期手術、早期離床目的リハビリ加療で約90%を超える患者が2-3週間前後で補助杖、車椅子による介助移動可能となり退院又は慢性期病院、施設へ転院となる。しかし、もともと重度の痴呆、糖尿病、心臓呼吸器疾患といった有病率が高いための手術不可能例や術後合併症による寝たきり状態や、不幸な転機をとる例も散見される。
 また少子化、核家族化と合間って1人暮らしや老介護のため術後経過の良否に関わらず社会復帰、自活困難な老人も多々見受けられる。当該家族に介護する余力がないか又は理解が得られず自宅に帰りたいと願う反面、家族に迷惑をかけたくないと孤独に耐えている老人を看るにつけ、社会全体の問題として早急な福祉対策の充実が望まれる。

代表的治療例

【治療例1】

術前

術 前

術後

術 後

49歳 女性 右下肢痛、しびれ感を訴え来院。
腰椎椎間板ヘルニアの診断を受け手術施行

腰椎後方固定術

【治療例2】

術前

術 前

術後

術 後

65歳 男性 両側股関節痛を訴え来院。
変形性股関節症の診断を受け左側手術施行

人工股関節置換術

【治療例3】

術前

術 前

術後

術 後

65歳 男性 両膝関節痛を訴え来院。
変形性膝関節症の診断を受け左手術施行

高位頸骨骨切り術